青い鳥

アール・デコ挿絵本の魅力を思いつくまま

装丁されたタイムマシン 中井英夫“とらんぷ譚”

f:id:kenta1930:20210608091555j:plainl。

 

f:id:kenta1930:20210608091724j:plain
f:id:kenta1930:20210608092154j:plain
f:id:kenta1930:20210608092218j:plain
f:id:kenta1930:20210608092241j:plain

 画像は幻想小説の鬼才、中井英夫の “ とらんぷ譚 ” 四部作です。1973年(昭和48年)から1978年(昭和53年)にかけて出版されました。

スリップケースに収められたハードカバーはサテンクロス装、箔押し。本文二色刷り。外箱、口絵、トビラ、さらには各短編のタイトルページにも建石修志の挿絵が入るという凝りに凝った装丁です。驚くことに、これらは限定本でも特装本でもありません。大手の平凡社による単行本で、普通に街の書店に並びました。1350~1900円と、当時としてはかなりの高額にもかかわらず一般書店で流通したということは、出版文化が現在とは違っていたのでしょうか。

たしかにこの時期、日本の出版文化は工芸的にひとつの頂点にあったといえます。湯川72倶楽部やプレス・ビブリオマーヌが愛書家向けの美しい本を出し、大手の出版社もしばしば通常版と合わせて特装限定版を出しました。しかし注目したいのはむしろ通常版の作り込みの良さです。きっと手仕事のコストが吸収できた時代だったのでしょう。店頭で装丁の美しさに惹かれて買った本もあります。ジャケ買いならぬ装丁買いですね。

とらんぷ譚 ” はマニエリスムを極めた連作短編集で、中井英夫の代表作とされています。中でもお気に入りは“  悪夢の骨牌 ” に収められた“ 緑の時間 ” で、昭和48年の夏、謎めいた優雅な女性が25年の時を遡って新婚当時の自分に会いに行く話です。戦後間もなくと高度成長期、二つの時代の風俗と心理をディテール細かに描くことでタイムトリップのリアリティを出しています。

出版からおよそ半世紀の今、この本を手に取るとテキストの “ 現在 ” である昭和48年が遥かな記憶として甦り、主人公のさらに二倍近い年月をタイムトリップする思いがします。美しく装丁されたこの4冊は小さなタイムマシンに他ならないのでしょう。

名探偵とアール・デコ

f:id:kenta1930:20210323091031j:plain

映画やTVドラマでアール・デコのファッションを目にすることはよくあります。人気ドラマシリーズ「ダウントン・アビー」にも美しい衣装がたくさん登場して目を楽しませてくれました。一方、アール・デコのインテリアはあまり見かけることはありません。参考になる現物が多く残っている衣装とは違ってセット作りが大変なのでしょうか。

TVドラマ「名探偵ポワロ」は、珍しくそんなアール・デコのインテリアを楽しめるドラマです。ポワロのオフィスはセットでしょうが、ロケでも朝香宮邸(都立庭園美術館)さながらのお屋敷がいくつも登場します。いくらあの時代でも全てのお屋敷がアール・デコでもないでしょうが、ドラマでは強欲な実業家の邸宅までが洗練されたインテリアで、レンピッカ風の肖像画が掛かっているという徹底ぶりです。きっと美術担当者がしっかりとしたポリシーを持っていたのでしょう。ジャップ警部役のフィリップ・ジャクソンはこのドラマのインテリアが大好きだったそうです。どこから見てもロンドン警視庁の主任警部そのものの強面オジサンがアール・デコ好きというのも面白いですね。

ところでこの役者に限らずイギリスの俳優が見せる独特のリアリティは何でしょうね。役の向こうに俳優自身が見え隠れするハリウッドとは違い、役柄の人物そのものに見えます。クセの強いキャラクターを、コメディに堕することなくリアルに演じたデヴィッド・スーシェをはじめとして、ポワロに味見をさせるチョコレート屋のオヤジや駅の新聞売りの少年といった端役に至るまでリアルそのものです。きっとイギリス演劇界には独特のメソッドがあるのでしょう。

先日アカデミー賞を受賞したアンソニー・ホプキンスが、以前ニュースステーションにゲスト出演した時のこと、彼が演技について話し出したのに久米宏が話題をチャラい方向に振ってしまって、みるみる不機嫌になったのを覚えています。軽薄なキャスターのせいでイギリス演劇の秘密を聞き損なったかもしれません。

画像のDVD、謎解きの喜びはトリックを忘れない限り一回きりですが、ディテールまで行き届いたセットや役者の演技は何度見ても新しい発見があって楽しめます。

 

近代文学を彩る口絵 鏑木清方と鰭崎英朋

f:id:kenta1930:20210525113144j:plain
f:id:kenta1930:20210525112902j:plain
f:id:kenta1930:20210525112620j:plain
f:id:kenta1930:20210525112915j:plain

 左二点「月に立つ影」の口絵と原画 ( 鰭崎英朋 ) 。右二点「青春」の口絵と原画 ( 梶田半古 ) 。(「鏑木清方と鰭崎英朋」太田記念美術館刊より)

 

都知事の厳命で国公立の美術館が軒並み休館する中、ひっそりと開いている太田記念美術館を訪れました。鏑木清方の口絵というテーマに惹かれてのことです。初日というのに人影はまばら。都知事の逆鱗に触れないよう、ひたすら身を低くしている風情にも見えて可笑しいです。

アールデコ挿絵本の時代からちょうど30年をさかのぼる明治半ば、浮世絵技法による木版の書籍口絵が流行りました。本編よりもこちらが目当てで購入する人も多かったようです。テキストの再解釈などという小理屈を軽く無視した美人画がほとんどで、中には武内桂舟の美人画口絵付き「実用料理法」(日曜百科全書)などとという本まであります。

面白いのはアールデコ挿絵本と同様に、版画職人が画家の指示をなぞるだけではなく、独自のアレンジを加えて効果的な木版画に仕上げていることです。

テキストの色々なシーンを勝手に継ぎはぎして一枚の口絵にする画家がいるかと思えば、原画の着物の柄を全く描き変えてしまう木版職人もいるという具合で、作家、画家、職人の三者がユルーい関係の中でそれぞれの持ち分を発揮しています。著者と画家が切り結ぶような近代西洋の挿絵本を見慣れた目には、お互いのオリジナリティに頓着しないこのユルさは新鮮です。江戸文化の名残でしょうか。

 

今日の一冊 : 太田記念美術館鏑木清方と鰭崎 英朋近代文学を彩る口絵」

A・E・マルティ 挿絵本ランキング BEST10

f:id:kenta1930:20210409123922j:plain

f:id:kenta1930:20210325211029j:plain
f:id:kenta1930:20210325191813j:plain
f:id:kenta1930:20210325192414j:plain
f:id:kenta1930:20210330154336j:plain
f:id:kenta1930:20210330155250j:plain
f:id:kenta1930:20210330155100j:plain
f:id:kenta1930:20210330155512j:plain
f:id:kenta1930:20210330160034j:plain
f:id:kenta1930:20210330155711j:plain
f:id:kenta1930:20210330155745j:plain

第二段左から「フローラの王冠」「誘惑者」「エルネスティーヌ」/  第三段左から「雅歌」「エローとレアンドル」「君と僕1939年版」/  第四段左から「青い鳥」「風車小屋便り」「愛のしずく」「シルヴィー」 

 

挿絵本に限らずですが、一人のアーティストの全作品を年代を追って見るというのはなかなか面白いものですね。年齢や流行によって作風が変わる場合もありますが、なかにはシルヴァン・ソヴァージュのように、仕事内容によってそのつど作風を使い分ける器用なアーティストもいます。

マルティの場合は、1924年の「神話の情景」から1957年のピエール・ド・ロンサールの三部作に至るまで作風は驚くほど変わりません。挿絵そのものははどれも高水準です。一方で挿絵本としての出来、不出来は多少見られます。その要因の多くは画家、版画職人、作家、版元の四者の関係によるものでしょう。
 たとえば、「聖ヨハネ祭の夜」は夜の情景が美しい挿絵本ですが、人物の造型がいつもとは少し違うようです。木版職人の個性がマルティの持ち味とは違っていたのかもしれません。「三つの物語」ではその中の二つの物語について、フロベールのテキストとマルティの世界観が異なっているように思えます。またプロデューサーたる版元との関係、つまりは予算上の制約については〈残念な一冊〉で何度か紹介した通りです。

先にノミネートした21点は、どれもこの四者のコラボレーションによる幸福な結実といえるでしょう。

さて、それではここで “ 極私的マルティ挿絵本ランキング ” BEST 10を・・・

1.「フローラの王冠」 / 2.「誘惑者」 / 3.「エルネスティーヌ」 / 4.「雅歌」 / 5.「エローとレアンドル」 / 6.「君と僕 1939年版」 / 7.「青い鳥」 / 8.「風車小屋便り」 / 9.「愛のしずく」 / 10.「シルヴィー」

結局、ジェラール・ドーヴィルテキストのワンツーは不動でした。同時代の人気アーティスト同士なので挿絵とテキストの親和性も申し分ありません。挿絵の完成度と数、吟味された紙、タイプフェースやレイアウトに至るまで、文句無しの傑作です。著者とのコラボ作品ということと、「小さいものの巨匠」という称号に敬意を表して「フローラの王冠」を1位とします。

3位は僭越にも私がマルティに献じたもうひとつの称号「光と影の巨匠」にも敬意を表して「エルネスティーヌ」。陰影の美しさに加え、挿絵27点のほとんどが主役級というのも驚きです。愛書家クラブの私家版だけに紙質やレイアウトも洗練されています。姉妹作品ともいえる「その日限り」との差は挿絵の数だけ。

4位には縦長の大判を生かした「雅歌」を。色刷りの木版にポショワールを重ねることで水彩のような豊かな表現を見せています。マルティの中大判挿絵本はこの時期に集中していますが、その中でもこれは、レイアウトやタイプフェースなどのブックデザインが最もよくまとまった作品です。5位には「エローとレアンドル」。「神話の情景」と並ぶエッチング挿絵本の名作です。象徴的な表現や工夫された挿絵の配置など、完成度の高さで選びました

6位からはピアッツァ本を3点。挿絵そのものは「七宝とカメオ」を加えた4作品に甲乙はつきません。ここでは、各章のタイトル飾りを挿絵に仕立てたアイデアの素晴らしさで「君と僕1939年版」を6位、高度な本文組込み挿絵が見事な「青い鳥」を7位、そして見開き2ページの組み込み挿絵が迫力ある「風車小屋便り」を8位とします。

9位には情感豊かなリトクラフ挿絵の「愛のしずく」。フルページ挿絵は20葉ですが、これがもう少し多ければ上位間違いなしです。ギリシャ語との対訳形式が面白い「サッフォー」はマルティ最大の版型をまとめあげた力作ですが、もう二回りほど小さければランクインでした。これはごく個人的な好みかもしれません。10位は小型本の「シルヴィー」。挿絵を楕円のフレームで統一し、視線をピンポイントに集めたマルティの技が冴えています。スミ版をフォトタイプにする一方、ポショワールの色数を十分に使うことでミニアチュールのような美しさを出しています。こちらは版元の工夫でしょうか。

 年代を追って60点近くの作品を見てくると、マルティが挿絵本というものに極めて自覚的な画家であったことがわかります。テキストを解釈し、挿絵で再創造をすることはもちろんですが、挿絵の配分、さらにはレトリーヌやタイポグラフィといった造本の実務にも深い見識がうかがえます。この点、バルビエがシュミットという造本アーティストと組んでハイエンドな挿絵本を生んだのとは対照的です。そのバルビエに比べて、同格の巨匠でありながらコスパ良く作品を楽しめるというのもまたマルティ挿絵本のありがたいところです。コスパなどという愛書家にあるまじきコメントをもって、この稀有な挿絵本アーティストのベスト10選出の結びとします。(完)

 

大型連休は “ コッペリア ” 三昧

f:id:kenta1930:20210506170422j:plain
f:id:kenta1930:20210506171205j:plain

左は “ カンパニーDECOBOCO ”、右は “ 新国立劇場バレエ団 ” の公演パンフレット

 

マルティ挿絵本のBEST10を予定していましたが、急遽新ネタを挟みます。

緊急事態発令中の大型連休は “ コッペリア ” 三昧でした。新国立劇場バレエ団は予定していたローラン・プティ振り付けのコッペリアを、四公演とも無観客生配信で敢行。しかも無料YOUTUBE 。さすが国立 !! 太っ腹です。

研ぎ澄まされた中にもどこかコミカルなローラン・プティ特有の振り付け、完璧にカラーコーディネイトされた衣装とセット、群舞、いずれも見事でしたが、とりわけ中島駿野の演じる、ダンディでコミカルで悲哀に満ちたコッペリウスは出色の出来でした。長身と洗練された手の動きが印象に残ります。ファースト・アーティストからの抜擢ですが、今後が楽しみです。

一方、宝塚の実力バレエ団 “ カンパニーDECOBOCO ” は25日に予定していた公演を、発令前日の24日に前倒しする力業で上演。こちらはおもちゃ箱のようなカラフルで楽しい舞台でした。見どころはバレエ団オーナーの子息にして2019年ローザンヌ4位入賞の脇塚優。弾けるような笑顔とジャンプが魅力です。新国立のプリンシパル達を凌ぐジャンプ&ターンを見せてくれました。パ・ド・ドゥの精度が上がれば完璧なフランツです。

というわけで今週は “ コッペリア ” 三昧の連休でした。

次回はいよいよマルティ挿絵本 BEST10 を!!




 

A・E・マルティ 挿絵本ランキング (その5 )

〈 印刷による挿絵本 〉

f:id:kenta1930:20210330170553j:plain
f:id:kenta1930:20210330171209j:plain
f:id:kenta1930:20210330170515j:plain
f:id:kenta1930:20210330170432j:plain
f:id:kenta1930:20210330171145j:plain
f:id:kenta1930:20210330171403j:plain

上段左から二点「聖書物語」、上段右と下段左「愛の詞華集」、下段中と右「現代育児学の諸相」

 

「印刷」とひとくくりにしていますが、ジャンルは子供向けの絵本、実用書、そして文学作品とさまざまです。面白いのは子供向けの絵本や育児、教育関係がとても多いことです。作風からおのずとそうなったのでしょうが、マルティの意向もあったに違いありません。絵本の「カリスト」などはマルティ自身がテキストを書いています。

ノミネートは、絵本からは水彩原画をオフセットで美しく再現した「聖書物語」。文学からはピエール・ド・ロンサールの「愛の詞華集」。フォトタイプ印刷の挿絵ですがオリジナルのリトグラフがよく再現されています。そして実用書からはカラーグラビアによる「現代育児学の諸相」。育児学の専門書ですがマルティの母子像が傑作です。なおこの本にはルパープの別丁挿絵も付いていて、実用書にしてはずいぶん挿絵が充実しています。以上3点をノミネート。

ノミネート以外にも、絵本では見開き2ページにわたる本文組み込み挿絵が見事な「天地創造」、文学では本文7ページの小品ながらシルエットの挿絵が印象的な「傷心」など味わい深い作品があります。どちらもカラー凸版の力強い挿絵です。 

 

〈 残念な一冊 カリスト

予算不足からかモノクロになっています。この作品の場合、モノクロの方が味わい深いということもありません。彼自身のテキストで、原画も構成も良いだけにやはり残念です。

次回はいよいよBEST10を!

(つづく)



 

A・E・マルティ 挿絵本ランキング (その4 )

〈 第3ゾーン モノクローム版画挿絵本 〉

f:id:kenta1930:20210325222638j:plain
f:id:kenta1930:20210330154745j:plain
f:id:kenta1930:20210325222809j:plain
f:id:kenta1930:20210325222739j:plain
f:id:kenta1930:20210330162027j:plain
f:id:kenta1930:20210330161305j:plain

上段左から「神話の情景」「エローとレアンドル」「エルネスティーヌ」/ 下段左から「その日限り」「愛のしずく」「サッフォー」

 

ここにはサッカーワールドカップで言うところの “ 地獄のグループ ” さながらに、銅版画やリトグラフといったコストのかかる挿絵技法の秀作がひしめいています。その多くは愛書家クラブの私家版で、吟味された紙、洗練されたタイプフェースやレイアウトで一冊ずつ予約購入者の名前まで印刷されています。

銅版画、リトグラフ、木口木版画、どれもマルティ特有の光と影の美しさを存分に味わえる挿絵本です。

まずはエッチングの挿絵本から「神話の情景」と「エローとレアンドル」。影を消して非日常の神話的世界を浮かび上がらせています。アクアチントとエッチングの挿絵では、逆光の幸福感に満ちた「エルネスティーヌ」と夜の情景が美しい「その日限り」。ともに愛書家クラブ版で、対をなすような作品です。リトグラフでは物語性豊かな「愛のしずく」とマルティには珍しい大判の「サッフォー」。以上6点をノミネート。いずれもタイプフェースやレイアウト、紙質などもよく吟味された上質な挿絵本です。

この他にも、本文数ページながら手漉き紙とエッチング挿絵で画文集のような趣の「アプシス」、コンパクトなアクアチントの挿絵が魅力の「メレアグロスの詩」、普及本ながら木口木版による素朴な子供の情景がかわいい「我が友の本」(アナトール・フランス全集)など魅力ある作品がたくさんあります。

 

〈 注目の一冊「グニドの神殿」 〉

希少本揃いの銅版画挿絵本の中では珍しく1500部発行された作品で、古書市場に多く出回っています。アクアチント + エッチングの挿絵の出来も良く、マルティお得意の神話的世界を手軽に味わえます。上位トリアージには手梳きオーベルニュ紙刷りがありますが、挿絵そのものは通常版のアルシュ紙刷りでも変わらず楽しめます。

 

次回は印刷による挿絵本を取り上げます。( つづく)