青い鳥

アール・デコ挿絵本の魅力を思いつくまま

A・E・マルティ 挿絵本ランキング (その3 )

〈 第2ゾーン ポショワール挿絵本 / 2000部未満 〉

f:id:kenta1930:20210330160807j:plain
f:id:kenta1930:20210325192821j:plain
f:id:kenta1930:20210330160608j:plain
f:id:kenta1930:20210330161030j:plain
f:id:kenta1930:20210330160954j:plain
f:id:kenta1930:20210330160349j:plain

上段左から「誘惑者」「フローラの王冠」「雅歌」/ 下段左から「エレーヌへのソネット」「アフロディテ」「シルヴィ」

 

ここは高級挿絵本のゾーンです。挿絵の質と量はもちろんですが、タイプフェース(活字体)や飾り罫を含むグラフィック、紙質、パッケージに至るまで スペシャルティが求められます。ポショワールの工房も一流どころです。

希少挿絵本といえばバルビエの「ビリティスの歌」がよく知られていますが、マルティでは「誘惑者」「フローラの王冠」がそれに当たるでしょう。「誘惑者」は愛書家クラブ  “ ラテンアメリカ愛書家協会 ” の私家版で、銅版とポショワール彩色による贅を尽くした挿絵本です。片や「フローラの王冠」は、花暦風の詩に木口木版とポショワールで挿絵を付けたコンパクトな豪華本で、マルティと作家ジェラール・ドゥーヴィルのコラボ作品です。ともにテキストとの親和性も申し分ありません。

「雅歌」とピエール・ド・ロンサールの三部作(「カッサンドルの恋歌」「マリアの恋歌」「エレーヌへのソネット」)はどちらも中型の版型を美しくまとめ上げたブックデザインとパッケージが見事です。挿絵も色刷り木口木版とポショワールの併用と思われる、水彩画のような豊かな色彩になっています。

物語性のある挿絵と木目のパッケージが美しい「アフロディテ」と小型本の良さを生かした「シルヴィ」を加えた6点をノミネートします。

このゾーンには他にも中型の挿絵本があります。マルティのことですから挿絵はどれも魅力的ですが、今回は紙質やブックデザインも含めたトータルの作品として評価しました。

 

〈 残念な一冊 「ビリティスの歌」〉

バルビエを始め多くの画家が挿絵を描いているテキストです。ここではオールテキスト(フルページ挿絵)12点で構成されていますがマルティを起用するなら、もっと多くの挿絵やレトリーヌ(飾り文字)をあしらい、極上の紙質でハイエンドな企画にすれば、バルビエ版と並ぶ名作になっていたでしょう。挿絵が良いだけにとても残念です。

 

次回はモノクロームの銅版画やリトグラフによる挿絵本を取り上げます。(つづく)